ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】

基本的な知識を知っておく

ほくろ

対応を誤らない為に

人間の身体にできるほくろは先天性と後天性があります。どちらも無害であり命の心配はありませんが、後天的にできる中には稀に悪性腫瘍である場合もあります。美容クリニックで除去する事が一般的ですが、悪性腫瘍かどうか臨床検査を受ける際には病院に受診する事になります。ほくろの発生原因には紫外線によるダメージや皮膚のターンオーバー能力の低下など様々です。しかし医学的にはっきりとした原因はまだ解明されていません。ほくろができる事は病が原因でない事から、除去するのには美容クリニックの様な保険適応外の治療ができる機関を利用する必要がります。病院は基本的に疾病の治癒を目的とした医療を提供する機関であり、疾病でないほくろの治療を受ける事はできません。病院で治療するとした場合は病的な原因、つまり悪性腫瘍である場合か医師が治療の必要を認めた場合のみです。悪性腫瘍の場合、その初期はほくろとほとんど見分けはつきません。それは素人では判断できないので、医療機関で検査してもらう事が必要です。自分のものが悪性かどうかを知る為に病院を活用し、もし悪性でなければ除去を美容クリニックで行うという流れが安心できます。美容クリニックでも悪性の可能性がある場合は検査できる機関もあり、ない場合も病院を紹介してくれます。ほくろは正確には色素性母斑という名前です。母斑細胞が集まってできた皮膚腫瘍の1つであり、黒く見えるのはメラニン色素が付いているからです。茶色や褐色色の場合もありますが、同じ様に母斑細胞の集まりなので大きな違いはありません。出来る原因は解明されきっていませんが、ある程度の発生原因は解明されています。大きく分けて紫外線によるダメージと皮膚の老化がありますが、それ以外にも発生原因があります。その1つが外部刺激であり、自分の体型に合わない下着や靴を継続して使用する事で発生します。身体の同じ部位に長時間圧迫や熱量を与える事で細胞が傷付くからです。もう1つはストレスであり、過剰なストレスがホルモンバランスを崩した事で発生します。ほくろのできる場所は様々で顔や足など全身にできます。稀に爪や舌にもできる場合があります。顔はできる部位として1番多く、肌が露出している事で紫外線やダメージを受けやすいからと考えられています。予防する方法は紫外線予防やスキンケア、そして外部刺激やストレスを過剰に受けない環境になります。発生した場合も特に命の危険はありませんが、気になる場合は病院で検査してもらうと良いでしょう。出来る事で見た目を損なわせる事もあり、それがコンプレックスになる場合もあります。その場合は除去治療を美容クリニックで受ける事ができます。美容クリニックでは単に除去するだけでなく、綺麗に仕上げてくれます。

Copyright© 2018 ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】 All Rights Reserved.