ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】

綺麗な肌になるための準備

カウンセリング

事前の情報収集が大切

ほくろ除去をする場合は、事前のカウンセリングが必要となります。このカウンセリングは、予約制にしている医療機関もあるため、事前にホームページから調べておくことが大切です。予約方法は、医療機関によってはホームページからネットで行える場合と、電話で直接予約する方法があります。カウンセリングでは、医師による丁寧な治療の説明があります。カウンセリングを受ける時は、どのような治療を希望しているかなどを医師に伝えられると、よりスムーズにカウンセリングを進められることができます。手術の痛みや手術痕が残るかなど、自分が心配に感じていることを、あらかじめカウンセリングの時に伝えられるように準備しておくことも大切です。治療が始まるとあっという間に終わってしまいます。疑問が残ったまま治療に入るのは、トラブルが起きてしまう原因にもなるので、疑問は必ずカウンセリングの時に解消するように心掛けることが大切です。ほくろ除去のカウンセリングでは、実際にほくろの状態を詳しく調べてもらいます。ほくろの状態によっては、悪性と判断される場合もあります。その時は、ほくろの除去をする前に検査が別に必要となってきます。自分の希望を伝えた上で、医師の判断に任せ、最適な手術方法を提案してもらうことが大切です。自分に最適な治療方法が見つかった後、気になるのは費用のことです。美容整形外科でのほくろ除去は、美容目的の治療のため、自由診療となります。保険が使えないため、全て自己負担となります。皮膚科などでは、ほくろの状態と医師の判断により保険適用された例もあります。しかし、基本的に美容目的のほくろ除去は、保険適用されないと考えていた方が良いです。自由診療のため、美容整形外科により料金設定は異なります。そのため、いくつか比較検討した上で決めることをお薦めします。まず、ほくろの種類や位置、手術方法により料金が変わります。ほくろは一人一人違うため、正確な料金は診療してみないと分かりません。しかし、だいたいの相場は決まっています。まず、小さいほくろは4000円程度と言われています。普通から大きいほくろに関しては、5000円から80000円と金額に差があります。これは、手術方法や手術するほくろの位置が難しい場所にある場合、金額が高額になる可能性があるからです。その他に、初診料や診察料など数千円別途かかります。アフターケア代は事前見積もりに含まれる場合が多いので、見積もりはしっかり確認することが大切です。また、医療機関により見積もり金額も様々なので、いくつか比較して納得した上で治療を受けられることをお薦めします。

Copyright© 2018 ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】 All Rights Reserved.