ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】

レーザーで色素を破壊

女性

精密に照射できる機種も

皮膚科や美容外科でほくろを除去するには、メスで切除するかレーザーを使用するのが一般的な方法です。上手な医師ならメスで切り取る方法でもキレイに除去することができますが、ほくろの周囲の皮膚まで切ってしまうことは避けられません。レーザーを利用すれば目的の細胞だけを正確に破壊できるというメリットがあります。美容外科で小さなシミやそばかすを取るには、黒色に反応するルビーレーザーなどを用います。しかしほくろを取るにはエネルギーの大きい炭酸ガスレーザーのほうが効率的です。炭酸ガスレーザーは水分に反応して発熱する性質があり、照射した部分を蒸発させて削り取ることができます。そのため黒くないほくろでも除去できるという特徴があります。炭酸ガスレーザーでも周囲の細胞を傷つけずに施術を行うには、医師に十分な経験や技術が必要です。ただし近年ではレーザー機器の改良が進んでおり、きわめて精密に目的の部分だけに照射できるようになっています。通常は麻酔を使うので、施術の際の痛みもほとんど感じないとされています。ほくろの大きさや深さにもよりますが、施術時間は5?10分程度で終わることが多く、出血が少ない・傷跡の治りが早いといった特徴もあります。炭酸ガスレーザーで除去できるのは、だいたい5ミリ程度までのほくろに限られています。それ以上大きな場合はメスで切り取って縫合するのが一般的です。といっても大がかりな手術ではなく、短時間で終わりますし跡もほとんど残さずに除去できます。ほくろの中には次第に大きくなったり、形や色が変化したりするものがあります。そういう場合は皮膚がんの元になる恐れがあるため、メスで切除して検査することをお勧めします。レーザーで蒸発させてしまうと組織のサンプルが取れないので検査できません。病理検査を目的とする場合には保険が適用されるので費用負担も少なくなります。ほくろの原因になる色素細胞が皮膚の深くまで達している場合は、レーザーにせよメスにせよ除去した跡が少し凹むことがあります。施術直後は気になるかもしれませんが、時間が経てば自然に回復してきます。施術の後は軟膏を塗ったりテープを貼ったりして患部を保護することが大切です。洗顔や風呂などは普通にできますし、テープの上からメイクをすることも可能です。個人差はありますが、おおむね1?2週間ほどで傷は目立たなくなります。ただし再生した皮膚は紫外線に弱くなっているため、日焼けには気をつけてください。

Copyright© 2018 ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】 All Rights Reserved.