ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】

綺麗な肌になるための準備

カウンセリング

ほくろ除去は、短時間で気軽に行える人気の治療法となっています。料金設定は自由診療のため、医療機関により異なります。カウンセリング時に、治療や料金について分からないことを、その場で疑問解消できるように、事前に調べておくことが大切です。

詳しく見る

気になる所にあるからこそ

男性医師

ほくろは大きさや形など、気になるものも多いです。除去を考える場合には、悪性腫瘍である可能性も考慮し、まずは組織検査ができるような医療機関を受診して判断してもらいましょう。そのうえでどのような除去方法が適しているのかを考えるべきです。

詳しく見る

レーザーで色素を破壊

女性

炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応して発熱し、ほくろを蒸発させて除去することができます。痛みや出血が少なく、ほくろの部分だけを正確に取り除けるのが特徴です。ただし悪性の疑いがある場合にはメスで切除します。

詳しく見る

基本的な知識を知っておく

ほくろ

ほくろは基本的に良性なので放置していても命の心配はありません。生きている以上紫外線を受けたり老化したりするので、一種の生理現象と言えます。気になる場合は除去治療を受けられますが、稀に悪性である場合もあるので病院で検査してからが良いでしょう。

詳しく見る

肌を傷つけずに悩みを解消

女性

症状に合わせた施術方法

生まれつきほくろを持っている人は少なく、ほとんどの場合は小児期以降にできます。先天性色素性母斑や青色母斑など複数の種類があり、整形外科等で除去をする場合はそれらの種類や大きさなどによって術式が変わってきます。整形外科で現在行われている除去方法には主に3つの種類があります。まず1つ目が炭酸ガスレーザーなどを用いるレーザー治療です。レーザーは波長によって特定の色素に反応して熱を伝える性質があります。この仕組みを利用して、ほくろのメラノサイトを焼き切ることで除去ができます。周囲の肌にはレーザーが反応しないため、皮膚を傷つけにくいというメリットがあります。2つ目の方法が、電気メス分解法による施術です。高周波電気メスを用いて患部を削り取る術式で、ほくろの直径が小さい場合の施術によく用いられます。出血を抑えつつ取り除けるのが特徴で、傷口が目立たない上に治療時間が短いことがこの術式の優れた点です。そして3つ目の方法が切開法によるものです。切開することで患部の組織を完全に取り去ることが可能なため、大きなほくろであっても綺麗に除去が可能です。外科施術のためダウンタイムが他の方法に比べて長めとなりますが、再発率が低いため1度の施術でほくろを除去できます。目立つ部位にあるほくろはコンプレックスにもなりやすく、病院に通って除去したいと思う人も多くいます。美容整形外科や皮膚科など施術が可能な病院は多数ありますが、どこに通えばよいか初めての場合は迷うのも仕方ありません。病院選びの基準として押さえておきたいポイントは以下の3つです。第一のポイントに、身近で受診しやすい環境の病院を見つけることです。なぜならほくろは医師の検診で別の皮膚疾患と診断されたり、悪性の腫瘍というケースもあったりするため、病理検査も含めて通院の時間が十分確保できることが望ましいためです。またほくろ除去後には必ず1度は通院が必要ですし、アフターケアを十分に受けるためにも通いやすい病院を選ぶことは大切です。第二のポイントとして、保険適用の可否について調べておくことです。保険が適用できるのは電気分解法と切開法による施術で、レーザー施術の場合は美容目的と判断されて、病院によっては適用除外となることもあるため事前に確認をしておく必要があります。最後に第三のポイントが、皮膚の専門家がいる病院か見ておくことです。ほくろ除去施術はそれほど難しくないため、医師ならば多くの人が扱えます。しかし除去後の跡の残りやすさや、再発率の低さなどはやはり実績を多く積んだ医師の方が優秀です。皮膚の専門家がいる美容整形外科や皮膚科などは、優れた施術を受けやすいと言えます。

Copyright© 2018 ほくろ除去はレーザー治療が主流【綺麗に除去が可能】 All Rights Reserved.